沙亜矢のMTFワールド(強制女性化妄想)

男性から女性への変身・憑依・入替りを題材とした小説を公開していきます。一部18禁の内容を含みますので、ご注意ください。

フェラチオの喜び



ある日、目が覚めると、女の身体になっていた。
そして、女の身体になってから、セックスが大好きになった。

男のときはセックスなんてそれほど好きでなかった。
何となく動物的で嫌だったのだ。

いろんな男とセックスした。
男に突かれる快感は最高だ。
それでもオーラルセックスだけは無理だった。
あんなものを口に入れるなんて絶対に無理だと思ってた。

今日の相手は何となく好意というものを感じている相手だった。
男をセックスの相手としてしか見ていない僕がどういうわけかそういった感情を持っている特別な男性だった。
彼とは何となく相性がいいのだ。
特にテクニックがあるわけではないが、何だか心が満たされる。
愛されているような気がする。
そう思いたいだけなのかもしれない。
とにかく彼といると安心感がある。

その彼が僕にお願いしてきた。
「フェラしてくれないか」と。
僕は大きく膨らんでいるパンツの前で躊躇した。
それでも結局は期待に応えてあげたいと思った。

写真です♪

パンツをずらして、いきり勃ったペニスを取り出した。
そして両手で包み込むようにペニスを持ち、ゆっくり顔を近づけた。
小便臭い雄の臭いが鼻をつく。
僕は我慢して、それを口に含んだ。

舐めていると臭いは気にならなくなってきた。
それどころか口の中で微妙に反応するペニスが面白くて、僕は夢中になってフェラチオに励んだ。

「これ以上やられると出ちゃうよ」
そう言って、僕を押し倒して、そのまま挿入してきた。
僕の口で大きく硬くなったモノで突かれている。
そう思うといつもの抽送とは何か違う気がした。
僕の中に今まで感じたことのない感情が湧いてきた。
僕は激しく彼の精子を求めた。
そして彼の精子が中で弾けたとき、僕は最高の喜びを知った。

セックスって最高…。


《完》


次の作品へ | corner top | 前の作品へ
inserted by FC2 system