沙亜矢のMTFワールド(強制女性化妄想)

男性から女性への変身・憑依・入替りを題材とした小説を公開していきます。一部18禁の内容を含みますので、ご注意ください。

幼い恋の成就



「これでいい?」
わたしはゆっくりと腰を沈めた。
お兄ちゃんのペニスがわたしの中に入ってくる。
完全に収まったとき、わたしは涙が出そうになった。
やっとお兄ちゃんとひとつになれた。
こうなるのがわたしの夢だったんだから。

写真です♪

隣に住んでいたお兄ちゃん。
わたしのことを弟のように可愛がってくれた。
わたしはそんなお兄ちゃんのことが好きだった。
「お兄ちゃんのお嫁さんになる」って言ったときは「男の子はお嫁さんになれないんだよ」って優しく言ってくれたよね。

でもわたしは諦めなかった。
お兄ちゃんのお嫁さんになるために頑張ってきたんだから。

お兄ちゃんを騙すようで悪いけど、お兄ちゃんの前ではわたしは女の子でいたい。
だから正体を明かすわけにはいかない。

お兄ちゃんの動きが激しくなってきた。
わたしは初めてで痛かったけど、必死に感じている振りをした。
そしてわたしの中でお兄ちゃんが弾けたときは嬉しくて涙が出てきた。

「まさか女の子になって帰ってくるとは思ってなかったよ。綺麗になったな、トシ坊」

わたしがまだ余韻に浸っていると、おでこにキスして、そんなことを言ってくれた。
お兄ちゃんはわたしのことを分かってくれてたんだ。
やっぱりお兄ちゃんってすごい。

「それで僕のお嫁さんになれるようになったのかな?」

あのこと、覚えてくれてたんだ!
でもそんなことまで言われちゃうと、もう涙が溢れて止まらなくなった。
戸籍もちゃんと女の子になってるよ。
だからお兄ちゃんのお嫁さんになれるんだから。
そう言いたいのに、出てくるのは泣き声だけだった。


《完》


次の作品へ | corner top | 前の作品へ
inserted by FC2 system