沙亜矢のMTFワールド(強制女性化妄想)

男性から女性への変身・憑依・入替りを題材とした小説を公開していきます。一部18禁の内容を含みますので、ご注意ください。

ねじ曲がった性指向



友達が憑依できる薬を用意してくれた。
その薬を使って、僕は好きな女の子の身体に憑依した。

「それじゃ始めようか。どう感じるのか分かってれば、彼女をうまくリードできるようになるだろ?」
「だけど本当にこんなことしていいのかな?」
「お前が一度彼女になって、感じ方が分かれば、初めてでもうまくいくと思うのにっていうから、憑依の薬を用意してやったんだ。彼女が正気に戻ったら、そのことを話してもいいんだぜ。それを聞いたらお前のことをどう思うかな」
「僕を脅すの?」
「脅すなんて人聞きの悪い言い方するなよ。お前はお前のため、俺は俺のためにやりたいことをするだけなんだから」
「でも彼女が未経験だったら、悪いし…」
「今ドキの女なんだから、まだ処女なんてことはないって。心配するな。それよりサッサとやろうぜ。効き目は1時間くらいなんだから」

写真です♪

彼のペニスが挿ってきた。
痛みはない。
それどころかすごく感じる。
動かれると気持ち良すぎて、何も考えられなくなった。

彼女の身体に入って、どこをどうされれば感じるのかよく分かった。
当初の目的は達したのかもしれない。
でも、僕はおかしくなってしまった。
女の快感に囚われてしまったのだ。
性の対象が女の子じゃなくなったのだ。

自然と男性の股間に目がいってしまう。
あの逞しいモノを迎え入れたい。
ペニスを突っ込まれたい。
そんなことを妄想するようになった。

そしてそれからしばらくの後、僕は性別適合化手術を受けることになる。


《完》


次の作品へ | corner top | 前の作品へ
inserted by FC2 system